読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

英語必要なし。時間の無駄である。「ネイティブスピーカー」とかは素敵なアルバイト。


小学校の英語学習は百害あって一利もない。偽毛唐の真似事になるだけである。
なるほど、英米語は、世界で大きな顔をしている。
だからといって、世界中がアメリカ語を話す必要はない。話せるわけがない。まして日本語だけで、十分に話が通じる日本ではなおさらである。

フィリピンやインド、シナなど、英語を話す連中が多いのは、発展途上国だからである。方言だらけで母語では発展がおぼつかない。
一方、日本は歴史の長い言葉を持っている。つまりは、豊かで深い文化伝統がある。外国文献の翻訳も世界一である。日本語が理解できれば、問題はない。
日本人で、英語が必要な人は、それが自分の商売に必要不可欠だからである。でなければ、外国語など、時間の無駄である。趣味な人は勝手にやってくれ。

ところが文科省はそうは考えない。日本全国津々浦々まで、英語を浸透させようとする。いったい、ここはどこの国だろう。

文科省は、「ALT・ネイティブスピーカーの活用」という御大層な題目で、アメリカ人のフリーターを、日本に大量に来させて、国民の税金でお小遣いをたっぷりやって、小中学校で遊ばせようという魂胆である。
これも、日本政府が、アメリカに献上する奉納金の類だろう。

小学校で、国語も満足に教えないで、何が、英語学習だろう。まともな日本語の文章も十分に書くことができないで、何が英単語だ。

馬鹿馬鹿しくて、見てはいられない。

しかも、アメリカからやってくるALTというのが、怪しい。
以前、何人かの教員とカナダから来たALTとで、テニスをしたことがあった。ふてぶてしい態度で、ベンチに寝転ぶなり「日本の街は汚いねえ」だと。
こんなやつらを、教育委員会の担当職員はアメリカから、高給を餌に何人も連れ帰ってきた。彼らは、遊び半分、観光客気分で日本の街をうろつく。昼の学校は、ほんの片手間である。

馬鹿にされきっているぞ、日本人。