読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

留年や退学、ご自由にどうぞ。入学したって卒業の義務はない。

高校の授業

一度学校に入ったはいいが、学校が嫌になり、退学したり、退学させられたりする子どもがいる。
こんなことは、本人よりも、むしろ学校の評判を落とすことになってしまうので、学校側としては、最初から退学しそうな子どもを入学させたくない。特に私立の中学や高校はそうである。
先のことは誰にもわからないから、前年度の欠席数をみて、予測する。欠席日数が多い子は、どんなに入試の点数がよくても落とす。
そんなわけで、小学校や中学校は、休まない方がいい。うっかり休むと、進学に影響する。

しかしである。入学試験の成績が良ければ入れてやったらどうだ。
退学させたところで、学校を責めたりはしない。
予断で、入学させないことが一番悪い。

どんな学校でも、特に義務教育以外の学校では、ある程度の人数の中退や留年は、当然なのである。
たとえば高校では、本来、入学すべきではない(高校の授業内容が理解できない、または、学習に興味も関心もなく、親が「高校ぐらい出てくれ」と言うので仕方なく入学した)生徒がいる。
そうでなくても、途中で家庭の事情や、本人の意思で、留年や退学はあるのが普通で、みんながみんな、同じように進級、卒業する方が、かえって不気味である。

学校側も工夫が足りなかった点があるにしても、「中退や留年が多いのは学校の責任」などという発想は禁物である。
この発想には、どんな生徒でも、入学した限りは、学校が、うまくその生徒を卒業させてくれる、させねばならない、というような甘えがある。

学校は、生徒の興味関心を引き出す、とはいえ、限度がある。
学習意欲は、基本的には児童生徒学生が、まず持っているべきことである。そもそも種のないところに、どれほど水や光を与えても、芽が出るわけがない。
たとえ百歩譲って、学習への興味関心知的欲求がない生徒でも、教員の指示を守って、課題を出し、必要日数を出席していたら、まさか、学校側は留年や退学はさせないはずだ。

学校は、児童生徒学生に、「どうか、学校にいらっしゃって、お勉強していただけないでしょうか」などと、お願いするところではない(一部の私学には、このような「お客様本位」の学校もある)。

留年や退学、大いに結構。それが嫌なら、ともかく、しっかり勉強せよ。
学業に不熱心な児童生徒学生諸君は、留年なり退学なり、遠慮なくやっとくれ。