読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

今、小中学校に元気がないのは、教員に原因がある。

今、学校に元気がない。
特に中学校は落ち込んでいる。教員が自信を持って子どもに接していない。その原因の一つは、学校の教育方針が揺れていることにある。
本を正せば、教育に、芯がないからである。
戦後、教育の根幹となる「哲学」があやふやになってしまい、教育に芯がなくなり、その場その場で、ふわふわと流されてきた。
どうにも、ごまかし続けることができなくなった。



加えて、「ゆとり教育」が、子どもと学校とを駄目にした。文部科学省が「自信をもっ」て示した「学習指導要領」は、最低水準まで児童生徒の学力を下げてしまったのである。

勉強を一所懸命にしなくてもよい、したいときにしたいことをすればいい、というのが「ゆとり教育」である。教員は学習内容を教えるのではない、相談にのればいい、というのが「ゆとり教育」である。
これでは子どもに学力がつくわけがない。

しかし、それでは困る。
教員はいいだろう。教員にとって児童生徒は、所詮(しょせん)他人の子である。だが、親にとっては大事な我が子だ。我が子の学力に関心を持たない親はいないだろう。

荒れる中学校の場合、教員のほとんどは、現状の改革を諦めている。
第一に、生徒から馬鹿教員とあざけられて、誰が生徒のために一生懸命に勉強を教えるだろうか。
「少しでも、学びたいやつは塾に行って、落ち着いた環境の中で勉強しろ。それでいい」と、考える教員がいたとしても不思議はない。
「学校は喧噪とお遊びと狼藉の場所である。次の転勤までなんとか、この学校で健康で過ごせればいい」と、考えている教員もいることだろう。

公立中学校が、学習する場から時間つぶしの場へと変化した原因はまだある。
一部の問題生徒を入学後、中学一年の夏まで放置してきたことや、小学校の高学年の時に、きちんとした指導がなされていなかったこと等だ。

小学校では「平等」や「競争嫌い」や「個性尊重」などの建前が優先し、守るべき学習ルールを教えられていなかったわけである。こう考えると、まことに小学校高学年の担任教員の影響は大きいものがある。

ところが残念なことに、近年の小学校教員の学級担任の腕は著しく落ちている。
あぶらがのってきて、ようやく充実した教育ができる、 というときの40代後半のベテラン教員が、お決まりの管理職志向になって、直接の学級指導に熱意がなくなることがある。
教育委員会の評価だけを気にし て、学習によい意味での冒険がなくなることがある。

一方、中学校では、そもそも授業の上手い教員が少ないことに加えて、生徒数の増減や行政の人事及び教育予算の関係で、正規の教員の採用を手控えた。結果、一時的な臨時講師が、授業をまかなってしまうようになった(もちろん、正採用の教員よりも何倍も力を持っている臨時採用の教員も多い)。この傾向は特に中規模の中学校では大きく、生徒への指導の弱さとなって出てきている。

 この現実を前にして、親には、どんな方法が残されているのだろうか。