読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

英語なんて捨てておけ。激烈受験地獄。薄給で外国人を雇う。

英語学習


ひと夏、海外の子供たち(アメリカ、イギリス、中国、台湾、ドイツ、香港、韓国、マレーシア、タイ、オーストラリア、ロシアなど六十人余り)、そして日本の子供たちと一緒に、二泊三日のキャンプをしたことがある。
みな、十一歳である。香港、マレーシアの子どもは、英語も達者である。たちまち頭角を現した。言葉の違いを乗り越えて、子供はすぐに友達になるというが、そうでもない。少しでも話せるほうが、いいに決まっている。
お話変わって、シンガポールの小学生は、英語と中国語を完全に習得できなければ、小学校を卒業できないという。バイリンガルを前提とした社会なので、小学校の卒業試験でふるい落とされる。シンガポールではめったに子どもが外で遊んでいない。それもそのはずである。
シンガポール在住のKさんの家でも、両親が付ききりで、猛烈な勉強をさせていた。受験勉強もここまでくると、激烈を通り越して、かえって気持ちがいい。

またお話変わって、日本人は、英語を、中学三年間、高校三年間、大学でもある程度やってきているが、ぜんぜん使いものにならない。
次のような意見がある。
「その原因は、日本人の英語教員にある。日本の中学高校では、英語教員は、日本人である。これはきわめて異常なことではないか。たとえば、イギリスの中学で、 日本語の科目があって、その担当教員がイギリス人であるというのは、ありえない。ところが、それが日本ではまかり通っている。
ネイティブと自由に話すことのできない連中が、英語を担当している。この弊害は、日本人をすべて、英語音痴にしてしまった。英語教員は、日本人以外であるべきだ。アメ リカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、フィリピン、香港、シンガポール以下、国籍は何でもよい。ともかく、日本人でないこと、が肝心である。英語を、 ネィテイブに話す人間が必要なのである。日本人が、豆単語集を片手に、カタカナ英語を教えて、何になる。
日本人英語教員が英語を教えるのを、すぐに止めさせるべきである。さもなくば、日本人は、永遠に満足な会話能力が身につかないであろう」

とはいえ、外国人フリーターを大量に日本に誘い込むのもどうかと思う。優秀で熱心な外国人を見つけてきて、「薄給」で雇うのが肝心である。 

かつてハングルに興味を持って、ソウルの大学に通ったことがある。といっても、わずかひと月あまりである。


ひと月で何ができる、と思うだろうが、これができるのである。授業はすべて、ハングルで行われた。老若男女の日本人学生がいたが、教室で日本語を使うのは禁じられた。韓国人の教員も、日本語がわからないようだった。そういう教員を選んでいるとのことである。生徒の母国語を理解しない教員の方が、生徒の学習効果が上がるという方針らしい。

しかし、日本人には日本語がある。頭を熱くしてまで外国語を学んでやる必要なんて、全然ないのである。自分にとって利用できるのなら、ともかく、費やす時間に見合った利益がないのなら、英語なんて捨てておけ。