読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

授業の見所 授業の見方 中学校 その2

中学校の授業

英語の授業。
英語に限らず、中学では、プリントを配って、それに書き込ませることで、授業を構成しようとすることが多い。ところがほとんどの場合、プリントの内容が、簡単で単純なため、学力向上の役に立たない。もちろん、だだっ子並みの中学生を、なだめたり、あやしたりしながら、授業をするご苦労はお察しする。

簡単なプリントの書き込みは、クラスでもっとも理解が後れている子どもには適するかも知れないが、後の9割にとっては、退屈で、緩慢で、知的興奮のない授業となり、学習意欲を減退させ、大いに迷惑である。

音楽の授業。
授業開始後、出席をとるのに5分、忘れ物調べで10分、実際の授業に入るまでが、長すぎる。
音楽の授業が成立しないので、他のことで、少しでも授業時間を短くしようとたくらんでいるとしか思えない。
ようやく始まったと思ったら、子どもに歌わせない。無論、子ど
もも歌おうとしないし、歌う気もないらしい。
教員は「では歌いましょう」と言っておいて、子どもは無視して、歌うのは自分だけ。子どもを立たせることもなくて、座ったままで歌えるのだろうか?
子どもは、寝ているかぼっとしている。音楽教員一人だけの、時間つぶしの一人芝居だ。
怖いことは、それを知ってて、そのままですませようという教員の魂胆だ。こんなのを、力のない教員という。
しかも、クラスの一人も歌ってないのに、「よく歌ったね」はな
いだろう。これはもう、完全にクラスの子どもの状況を無視している。
歌も発声練習も音階練習も、音合わせもなんにもない。
「教科書23ページを開いてください。、はい歌いましょう」これでは無理ですよ。
前任者がノイローゼで入院中なので、臨時教員とのことではあるが、だったら、よりいっそうがんばるべきだろう。前任がノイローゼになるほど、ひどいクラスだから、私は私流にやりますよ、それが許されますよ、と言う甘い考えでは、どのみち、どこの学校に行っても、通用しないだろう。自分の授業力を高める
良いチャンスなのに、最初から諦めている。


この学校で見た授業のワーストワンであった。

数学の授業。
宿題の答え合わせくらい生徒に事前にやらせておいたらどうだろう。答え合わせがそのまま授業の内容となっている。
おきまりの、気の遠くなるほど低レベルの配布プリント。みんなあくびしている。

国語の授業。
授業で教員がしゃべりすぎだ。まるで沈黙が怖いかのように、間断なくしゃべり続けている。子どもの知性を鍛えるどころではない。あれでは、雑音だ。いたずらな繰り返しや、大声の連発は、聞く人の頭をすり抜ける。
生徒が読まない書かない話さないから(そのくせ、我が儘勝手な私語は、子ども一人で三人分話す)、教員がしゃべり続けるわけだ。
無理矢理手を挙げさせて、子どもが一人でも。手を挙げれば、まるでえさに飛びつくダボハゼのように、「はい、何々君」と、喜色満面である。
それでも手が上がらなければ、ついには指名する。指名は結構なことだと思うが、猫なで声で哀願して、かろうじて、子どもにぼそっと、何か言わせる。教科書に書いてあることを、そのまま確認しただけなのに、それを子どもが面倒くさそうにつぶやくと、それでよしとする。教員はモウ大喜びで、生徒を誉めまくる。


見ていて馬鹿らしくなる。これは生徒の人間性への冒涜だ。あきれるほどに甘やかし、レベルを下げ、一問一答のお答えごっこでは、子どもの方がやりきれない。

一般的に、教員は、「子どもの発言」を大げさに重大視しすぎる。子どもは、元来おしゃべりな存在だ。話すときは狂ったように話すことを、あなたも私も、よく知っているだろう。だから、むしろ書かせるべきなのだ。

どの授業も、子どもの私語が多くなると、教員が負けじとばかり、大声でしゃべり続ける、この悪い連鎖ははやく断ち切るべきだ。むしろ沈黙せよ。


社会科の授業。
義務教育では、問題ある教科である。どういうことかと言えば、社会科は、教材が何でも有りのお気楽なので、授業のために用意するべき時間が短くてすむ。簡単に言えば、授業そのものはたいしたことはない。 
英数国理に比べて、教員次第で内容を自由に構成できる教科の筆頭と言ってよいだろう。だが、それだけに、社会科教員は、よほど迫力ある授業をしないといけないと思う。教えやすい教科だけに、教員が甘えやすい。
教員に暇ができやすい教科なので、「暇人のさばる」のたとえのごとく、社会科教員は校内で幅を効かせやすい。しかも、授業では、歴史、憲法、国際情勢等、政治的な話題に関わることが多く、左翼的思考を子どもに刷り込む、工作員の役割をする可能性もある。よほど注意してかからないと、危険である。
子どもも、なんだか漠然としている教科なので、よく分からないなりに、取っつきやすいところもあり、また、単純な知識の羅列と、教員の体験談や自慢話にご満悦になる傾向がある。その結果、知性の鍛錬よりも、時間つぶし、あるいは骨休めとなる。まあ、それも必要と言えば必要だが。

一般的に中学の授業では、教員が、授業をともかくも授業らしくしようとすることに気力を費やしてしまって、学習内容を知的に教えようとする余裕がない。気の毒と言えば気の毒である。
もっとも、教員はがんばってるのだから、それでいいじゃないか、と言われればそうかもしれないが、「がんばったからオーライ」ですませれば、世の中すべて「しあわせ」である。
以前「自分を褒めてやりたい」なんて、幼稚な芸人運動選手の流行言葉があったが、現実は、そんなに褒められたものではない。