読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

ポスターセッションとは、何だろう。「総合的な学習の時間」の愚。

小学校中学校高等学校の「総合的学習の時間」(小学校低学年は「生活科」と称す)は、ほとんど無意味なことが明らかになった今も、惰性で時間つぶしをさせている。あんなものを、学校で取り扱う「学習」だと、本気で考えているとしたら、不勉強を通り越して…

学校から競争をなくして、学力を下げよう。

学力の国際比較が出るたびに、各大学の「識者」と称するおしゃべり連中が、例によって屁理屈をこねている。 飲み屋の、よた話にも及ばないことを、もったいぶって言うんじゃない。 レベルなんて国際比較しなくても、ほぼ十年ごとの学習指導要領が出た瞬間に…

迷走する「総合的学習」は、「ゆとり」の廃棄物である

総合学習がいずれはなくなると書いたが、意外に早く消えそうである。目出度い。 ところで、こういう見方もできるのではなかろうか。 簡単に言うと、総合学習は、小学校低学年では理科と社会とを包含している。高学年でも、中途半端に理科社会の内容が盛り込…

詰め込み教育が日本を救う。「ゆとり教育」は「お遊び」である。

ゆとり教育が日本を滅ぼす。 ならば、どんな教育が日本を救うのか、と問われれば、答えは案外に簡単である。 詰め込み教育こそが日本を救うのだ。 ゆとり教育の反対語が、詰め込み教育だそうである。ならば、詰め込み教育こそが、教育らしい教育である。「詰…

「ゆとり教育」はインチキである。子供は先生の魂胆を見破っている。

教育史上の巨悪と言ってもいい「総合的な学習」、「ゆとり教育」が、指導要領に収まる以前から、子どもの「発表」のようなものは、あった。 とくにそれは、参観日の授業で、よく、見かけた。 子どもが数人ずつグループに分れて、色々調べたレポート(のよう…