読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

教員は私立より国公立の方が上質なのか。私立校教員は腐りやすい。

一般に、私立学校の教員は、教育の技が「腐る」ことが多い。理由は簡単で、競争がないからである。私立学校の児童生徒学生は、競争の結果、ようやく入学できたから、まだ勉学への意欲が少しは残っている。月謝分の知識は得ようとするし、高校生ならば、然る…

やらせてみると大間違い。人事管理とかばい合い。教育界は良い世界。

教員には、能力不足の者はあっても、悪党は少ない。能力に関わらず、「管理職になりたいです」と、すぐに顔に出る。ならば、やらせてみようと、教頭、校長に任命すると、さあ、これがまったくどうにもこうにもならない。 しかし、人事発令は教育委員会だから…

熟成しない仕事。小学校の全科制という罠。若造もベテランも。

小学校教員は、困った仕事でもある。 何年たっても、熟成しない。 50歳をはるかに過ぎたベテランでも、昨日や今日採用されたような20歳そこそこの若造でも、まったく同等である。 毎年、学級担任は、常に新しい児童や保護者や同僚達と、新たな関係をつく…

医者と教員、本当の先生はどちらだろう。先生は、それなりに扱ってやるがいい。

医者と教員とは、世間では先生と呼ばれる職業の典型だろう。しかし両者を比べると、収入の面からも社会的な認知度からも、バランスをあまりに失している。 医者は病人相手である。教員は、健康な子供が相手である(一部例外あり)。 どちらが社会的に建設的…

肝っ玉先生にご注意。男先生と女先生の得意不得意。

教員も年配になると、それなりの貫禄がついてくる。保護者は自分よりはるかに年下だし、経験上、子どもの扱いが上手になっている、と自分では考えるようになる。 これが、大きな落とし穴だ。 一般的に、年配で口の達者な女性の学級担任の場合、一見すると学…

教員は、一日に何時間、教えることができるのか。生徒学生は一日中、学ぶがいいだろう。

教員が、身銭を切って、何かを学ぶのは、とてもいいことだ。 金を出して、自分の意思で学ぶのは、何ものかを得るための最良の方法だろう。 実は、教員は、実際のところ、教えるのはそんなにうまくない。 なぜかといえば、教える時間が多すぎる。 授業は一日…

女子供相手に、アップアップの仕事。それが教員なのか。

教員は女子ども(おんなこども)が相手の仕事だ、と言えば、あなたは怒り出すだろうか。 しかし、これは、事実である。どう頑張ってみたって、それ以下でもなければ以上でもない。だから、あんまり力むな。 教育は百年の大計、なんて胸を張ってみせたって、…

就職難 教員志望者が増えた

どこもかしこも仕事がない。 教職は、就職するには、大激戦の覚悟がいる。運良く、教員に採用されても、それからが大変で、苦労が続く。 若い連中が、教員志願だというと、止めておけ、と言うことにしている。 特に、女性は、教員になったあと、泣くように…

給料に見合った成果を出せ。一人が働いて残りを食わせる時代は去った。

こんな話を聞いた。 そこそこ名の知れた大学を出れば、まあまあの就職先が見つかるなんてことは、昔はどうだか知らないが、今はない。 エクセルやワードの検定1級は当然で、持っていないと話にならない。パソコンでゲームばかりやっていたのか、と面接で詰…

教員志望者のみなさんへ。教職は魅力的な「お仕事」。

教員の仕事は、いったいどのような仕事であろうか。教育現場は、綱渡りのようなところがあるので、常に考えておかなければならないことのように思える。 たとえば、相手が同僚であれ、保護者であれ、児童生徒学生であれ、軋轢が起こることが予想されても、言…