読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

昼食や掃除は家庭の仕事。教室掃除は業者の仕事。子供の昼飯は親がつくるものだ。

残酷な事件が頻発というが、あれは歩留まりである。 子どもの安全に気をつけるというが、あれは家庭の領分である。または、警察の領分である。 学校は、学校外のことに口を出してはいけない。肝心の仕事が疎かになる。 登校指導だ、下校指導だ、給食指導だ、…

学校給食は、味覚を破壊する。公立学校の児童生徒は子ブタではない。

学校給食は、その味付けにも問題があるが、無理強いして、食べさせることが、もっと問題である。 食中毒はタブーだから、献立は限られる。油料理、揚げ物が定番である。調理施設、費用の点からも、偏った内容にならざるを得ない。それを無理に食べさせるので…

学校は託児所なのか。学校給食が、誤りの始まりである。

戦後、学校給食が始まって、学校は託児所へ転落した。 食べることは、人間の基本である。その基本を学校が丸ごと面倒を見たものだから、各家庭は、学校へ子どもを丸投げしていい、と勘違いした。 食べることぐらい、家庭で面倒見るべきである。それが親の最…

学校給食大反対。親なら、せめて昼飯くらい作ってやれ。

誰も言わないことだが、だからといって、このままで良いわけがない。 学校給食は即時やめるべし。税金の無駄遣いも甚だしい。教育上も、好ましくないことが多すぎる。 大量生産で、味わいのない、まずいものを、毎日食べさせて、子どもの味覚がおかしくなる…