読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

アクティブラーニングとやらは、予算分捕りの方便である。学生や生徒も、ツイッターもどきの意見発表ピコピコで楽しげである。

アクティブラーニングなるものが流行っていて、大学から小学校まで大騒ぎである。 「経験から学ぶ」なんて、美辞麗句を連ねても、なーに、不勉強な生徒や学生に、なんとか勉強していただこうという魂胆である。 勉強しない奴は放っておけばいい、後の人生で…

日本の大学は終わっている。大学教員を見ればわかるだろう。それでも世間は許す。日本は善い国。

日本の大学は、すでに終わっている。 大学に行かずに、就職したり、専門系の学校を選ぶ人が増えた。 日本の大学は、世界最低とまでは言わないが、かなりそれに近い。原因は、大学の粗製乱造にある。その結果、教員の人材不足が甚だしい。 優れた教員など、め…

もっとも快適な職業は何か。議員か、大学教員か。給与と仕事内容との不均衡。

今、世間でふつーに考えると、快適な職業は、なんといっても大学教員であろう。 誰からも束縛されず、露骨な勤務評定もなく、一日中暇で(ときどき授業らしきものをする)、何をやってもお咎めはない(刑事犯罪は別)、おまけに体面もまあまあである。こんな…

就職活動中の学生へ 人事担当者の話

居酒屋で 某企業人事担当の話 (すでに話したのかもしれないが) -ーーーーーーーーー 自分に自信がない学生を(自己肯定感の弱い人間=障壁に弱く、挫折しやすいタイプ、と企業は認識する)、企業は嫌う。 学生は、自信に見合った実力がないのが当然で、だ…

大学教員は、おいしい仕事。君はアカポスを目指すのか。

教員は、自分たちの給与は、職責の割には安い、と言う。しかし、高すぎると考える人もいる。アメリカでは、教員は基本的に薄給である。 大学教員もそうで、博士があふれている。全米の大学に仕事を求めて、動きまわって、ようやくゲットする。一部の例外もあ…

大学教員や高校教員のお仕事。頼んでまで、やってほしくない。

高校教員の仕事は、小学校や中学校の教員に比べると楽である。しかしこれも、人によりけりで、当人次第であることは、あなたの職場と同様である。どんな仕事でも、それに見合った能力がなければ、苦しいことになる。かつて、大学教員らが集った会で、教員連…

大学教員の給与を7割減給。仕事相応の賃金。

人間は、働きに応じた給料を得るべきだ。 こう言えば、誰もが伏し目がちになるに違いない。給料分の仕事をしているのは、いったいどこにいるのだろう。 公務員は不思議な商売で、景気によって評価が左右される。特に教員はそうである。景気のいい時は、教師…