ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

大学の授業

大学は、教員を食わせるための遊園地。入園料は親の涙か。

教科書には、ほとんど無難なことが書いていある。だからそのまま右から左に伝えても、まず間違いは起こらない。義務教育期の小中学校の教員は、教科書通りに教えることが常識となっている。高校では、事情が複雑で、簡単に言えない。高校では授業構造が短期…

高校の授業料が無料なら、大学も授業料無償化が筋である。大学は大規模遊園地だって。

高校の授業料が無料またはそれに類似したものになって、久しい。教育には、金がかかる。教育の機会均等の名目で、「すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければ」ならない、と定めている。だったら、義務教育ではないけれ…

学生サービスが悪すぎる都内の「有名」私立大。教職員には最高、学生には最低の待遇。

日本の各大学は、少子化に伴う学生数の減少と、大学そのものの価値とが問われるようになり、今後ますます経営が厳しくなる。数少ない消費者であり、購買層である新入学生の獲得のために、競争しなければならない。地方大学の多くは、いち早く経営を見直して…

芸大の学生は幸せいっぱい。芸術学部は好きなことができる。作品の質はともかく。

某大学芸術学部の卒業制作展覧会に行った。 どうにもこうにも、頭が痛い。 日本画は指導教官がそれなりの人なので、指導が厳しかったのだろう。子供の作品も、まあ見ることができた。 洋画は、ひどいのがあったが、多くは我慢をした。 彫塑は、なっていない…