ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

教員と生徒、新学期は出だしが大切。自己開示は難しいぞ。

 

 

 

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

子供にとって、新学期は、最初の一週間が大切である。
というのも、子供たちは互いを値踏みする。特に学業成績で値踏みする。
いい男いい女で価値を判断するのは、三流以下の学校で、あれはドラマの見過ぎである。

もちろん、外見だけが取り柄であるかのような子供も、いるにはいるが、ライバルが多いので、大変である。
平成生まれと、それ以前の昭和生まれとは外見が違う。これは大げさでもなく、顔がいい、姿格好がいい。稲垣足穂流に言えば、以前は石炭の中に、ダイヤがあったが、今では、おしなべて白砂である、とか云々。つまり平均が上がっている。化粧も上手だ。

さて、学期の初めは授業でも積極的に理解を示し、運動社交と友人の輪を広げた方がいい。これは子供本人にとって難しいようだが、そうでもない。

ここから、子供向けというより、教員向けの話となる。

子供が、最初の一週間に、自分の自分であるところのものを、学級で、出しやすいかどうかは、担任教員次第である。
教員がまず、自分から自己開示する必要がある。ありていにいえば、ぶっちゃけハチャメチャ自己露出がなければ駄目である。
その瞬間から、学級は開かれる。担任教員からして、そうなんだから、子供が逆らえようはずがない。

とまあ、書くと簡単だが、果たして、教員である君に、それができるのかどうか。
難しいと思うだろう。できないと思うだろう。地道に、悩みながら、半年かけて、学級を作るしかないと考えるだろう。
その間に、他の教員は、はるかに先を駆け抜けていくかもしれない。

こんな話がある。
二十代の教員が、中学2年生の担任になった。本人は意欲満々、熱中先生、GTO気取りである。ホームルームの時間に、自慢のギターを持ち出して、子供らの前で、歌を歌う。 一緒に歌おうなんて、叫ぶ。

さあ、どうなるか。
ご想像通りである。
一日目、二日目まではまあいい。三日目からは、無視される。「いいカッコシテ、恥ずいんだよ」などと子供から評される。
その教員は一挙に落ち込んだ。ノイローゼになった。

この程度の、子供の反応で、落ち込むようなら、最初から、無駄なパフォーマンスは止した方がいい。

子どもを圧倒するには、教員には圧倒的な生命力がいる。それは大声を出すことや有形無形の威圧ではない。教員自身の自信と教養と体験である。

難しいだろう。無理かもしれないと思うだろう。

左様、君には無理かもしれない。いやきっと無理だろう。
さあ、どうするのか。どうすればいい。
その気持ちが、新学期を迎える子供の持つ気持ちでもある。子供を知るとは、そういうことだ。

広告を非表示にする

戦々恐々の始業式。「当たりの担任」を選ぶことができるかどうか。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

子供が、担任教員から一番影響を受けやすい時期は、小学校の高学年である。次に中学校、小学校低学年、高校、大学と続く。
大学や大学院の担当教員に感化を受けたというのは、そう言った方が保身につながるからで、実際は、無関係に等しい。

さて、4月には小学校高学年の子供と親にとって、最も恐ろしい時期である。
担任教員の発表があるのである。
めったにないことだが、あたりの教員に当たれば、それは「大当たり」で、子供の人生が変化する可能性がある。

中学校では、教科制なので、担任は、いくつかの教科担当のうちの一人だから、大したことはないが、朝と下校時のホームルームがある。このとき、担任教員の影響を受けてしまうので、やっぱり、中学校でも担任教員の当たり外れはある。

小学校高学年となると、目も当てられない現状となる。
「外れ」が怖いのではない。外れ教員を怖がっていたら、外れが圧倒的に多いのだから、そもそも学校教育が成り立たない。
当たりの教員の子供たちがあまりに得をして、そうでない子供との、格差が広がることが怖いのである。その怖さを親が感じ、子供が感じ、教員間でも感じてしまうことがあるからである。

これは保護者間の確執を生むのみならず、子供の間にも、微妙な優越、損失、劣等などの感情が生み出されることがある。

不平等はこの世の常である。みんなが同じ匙を銜えて生まれたわけがない。
就職や人事その他あれこれで、大人社会では運不運、不平等、不公平は、日常のことである。しかし、子供にとって、学校の担任決定は、自分たちが関与しないところで、自分の運命を他者により勝手に左右されてしまう最初の試練と言えるだろう。

どちらにしても、気分の良いものではない。

新学期の出発で、すでに不条理を嘆かなければならないくらいなら、せめて、担任は、子供本人が、くじ引きで決めることにしたらどうだろう。これなら、新入学生であれ、進級生であれ、外れを引いたとしても、少しは納得できるのではないか。

広告を非表示にする

学習指導要領は文科省の宣伝ビラ。アクティブラーニングだと。日本語で言え、日本語で。

 

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

次の指導要領改定案、今回のキャッチフレーズは、アクティブラーニングである。笑うしかない。

お暇な文科省が、恒例の学習指導要領の改定ごっこである。他にやることがないのだろうか。
教育は人類の知識遺産、我が国の文化伝統を、次代に受け継ぐことである。
小手先の変更で、どうにかなるものではない。

改定指導要領の「目玉」が、アクティブラーニング。日本語で言え、日本語で。

何様じゃあるまいし、教員に一体何をやらせたいのか。今の教員連中のほとんどが、今以上(または今以下)いったい何ができるのか。少しは頭を冷やしてからモノを言え。

文科省の職員も、本音では、ほぼ10年ごとの指導要領の改定が、下らないことを知ってはいる。知ってはいるいるけれども、給料相応に、仕事しているふりをしなければ立場がない。性根が、自分の立場だけを考えて生きてきた職員どもである。
まっとうな神経の持ち主なら、気付くはずだが、果たして、落ちこぼれ官僚予備軍の文科省職員には、気付く感性すら欠落しているのか。いずれにせよ、金のためである。くどいようだが、働いているふりをしなければならない。ご苦労である。


人材は一朝一夕に育つものではない。
人材育成の基本は、古典学習以外にはない。母国の言語と歴史以外にはない。人は言葉で思考する。頭脳とは言葉のことだ。歴史も、思想も、言葉である。
だからといって、古語の語尾変化をすべて覚えろ、というのではない。日本の歴史を読め、古典を読め、と言っているのだ。
古典を読むことによってのみ、わざとらしく急に流行りだした「AI時代」云々にも、対応できる。その嘘を見抜くことのできる源がある。

文科省に言っておく。
軽薄な「思考力判断力を重視した学力の質的転換を図る」なんて、三流学校の経営目標ではあるまいに、寝言は寝て言え。

広告を非表示にする