読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

アクティブ・ラーニングは、ごまかしなのか。言葉だけで中身のない指導要領は無駄である。

アクティブラーニング

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

他の省庁に比べて、文科省のつらいところは、何かをやっているふりをしなければならないことである。
本来は暇を持て余して、あってもなくてもいいような部所である。しかし、極楽な毎日でも、文科省職員に給与は払われているのだから、やっぱり何かをしている素振りが必要である。

そこで考えたのが、学習指導要領なる短い文書を、十年に一回くらい出して、教育界を引っ掻き回す作戦である。文書内容は、雨の日は雨が降る、といった類の、愚にもつかないたわ言だが、これによって、各大学や小中高の教員に、文科省の存在を認めさせるためである。大手学習塾チェーンやマスコミ各位殿とも連携して、せっせと話題作りをする。やうやく、文科省という役所があったこと、仕事らしきものをしているということを、強調する作戦である。

言っておくが、学習指導要領なる、スカスカの文書が、世の中の役に立った例がない。あれは、時間どころか、無駄の極致で、教育関連の商売人に話題と金銭とを提供するための一大キャンペーンである。

さて、今度の目玉はアクティブ・ラーニングだそうである。笑止な。

日本人なら日本人らしく日本語で書け。
日本語で書くと、中身のないことが、ごまかしばかりであることが、ばれてしまのが怖いのだろう。
日本の「グローバル化」対応のための、「キーワード」だそうである。
何度も笑わせてくれる。

中身なんて何にもありゃしない。普通の授業をきちんとしていればいいことで、それすらできないくせに、大仰な口を叩いても、無駄である。

つくづく、文科省職員の卑しさを、遺憾とするのである。

なんのための大学生活だったのか。学生の就活は、売り手市場らしい。

就職活動

f:id:paruru236:20170216205733j:plain


教育に金が絡むとろくなことがない。それはそうだが、わが子の教育に金の糸目をつけないのも、親心である。
それにつけこむ商売人の根性が憎いのである。
しかし、人心につけこむのが商売の常道であるならば、これもまた人の道である。
憎んで何になるだろう。

さて、各種大学は、親子にとって、不本意入学になるだろうに、滑り止めで受けて合格したことを逆手にとって、入学手続きを早めに締め切って、親から入学金を得る。必要経費だと割り切って金を出す親がほとんどだろうから、何が悪いと開き直る。これもまた商売である。

思うに、親の心はありがたい。わが子のために、いくらでも、なけなしの金を積むのである。子供はその心を、多くの場合、わからない、わかりたくない。自分が親になって初めて、親の有難さを知る。すでに、手遅れである。

2月3月はそのようなドラマを見る。そして、名状しがたい気持になるのである。
これは何かがおかしい。そのおかしさを、私たちは、朝鮮にも中国(シナ)や、その他に見る。特に韓国に見る。みんな同じである。
どうも、こんな教育制度、学校制度はおかしいのではないか。アジア極東付近の国々の教育の在り方は何か不健康、不自然、不合理、無理無策を感じるのである。

親子の情愛を利用して、本来の教育の筋がねじ曲がっているのではないか。


過日、某所で就職expoなるものを覗いてみたが、背広スーツの黒ガラスのような風体の男女学生諸君を見るにつけ、一体全体、君たちはこういう就活が望みなのだろうか。そのために、大学に来たのか、と、一種の疑問がわくのである。

担当者の言によれば、売り手市場で、学生の展望は明るいらしい。
なにはともあれ、よかったと言えるのだろう。
親も、一安心である。

他人から説教される快感。金が解決するわが子の教育、は素敵だ。

物わかりのいい親たち

f:id:paruru236:20170216205733j:plain



教育に金が絡むと、ろくなことにならない。

つくづく、私たちは、お説教が大好きである。説教するのが好きで、説教されるのも、大好きなのである。

自分が一番詳しいはずの、わが子の教育にまで、多くの他人から、説教されたくてたまらない。
他人は、そこに損得を見て、商売を画策する。


私は、教育に金が絡むことを憎むものである。
ある種の親は、子供に対して、不安で、自信がなく、定見がなく、見識を作ろうともせず、ただただ、迷い漂い浮いて沈むことがある。十代の子を持つ母親に多い。
母親たちは、赤の他人の、三流テレビのニュースショウもどきの「ご意見」「無駄話」を、聞かせていただき、ご指導を承りたいのである。

あなたの子供だ、あなた以上にわかっている者が存在するわけがない。特に金銭を払ってまで、自分の子供の事々を相談をするなんて、どうかしている。

教育には、商売する者どもが多すぎる。
教育の主役は親である。親以外は、学校教員だけである。その他が関わるときは、異常事態発生のときである。医者、警察の類で、教育に顔を突っ込んでくるときは、尋常ではないときである。

であるのに、恒常的にカウンセリングもどきのお説教を聞きたがる。
それほど、異常なのか、あなたの子供は。
だったら、入院させるがいいだろう。